2022年の、七五三御祈願についてお知らせします。

受付開始は、10月1日(土曜日)午前9時より
      毎日9時~16時まで (年中無休)
      電話か窓口にて 
  ※電話番号047-448-2833
  ※電話と窓口での予約が重なった場合は窓口の方を優先します。

御祈願日 10月 16日(日)・22日(土)・23日(日)・29日(土)
     11月  1日(火)・ 3日(木)・ 9日(水)
         13日(日)・15日(火)
  ※御祈願は各日共9時~15時の間でご都合に合わせてお選びください。
   12時~1時は休憩時間です。
  ※御祈願は約15分です。
 
         


  • 投稿日:2022年8月31日
  • カテゴリー:その他

8月27・28日に三年ぶりに開催を予定しておりました本山の開山基「大祭」を中止することになりました。
コロナの感染者の急激な増加により「密」の状態を回避するため中止にする運びとなりました。

夏休みを控え、皆様も楽しみにしていた計画の再検討を余儀なくされていることと思います。
コロナの感染に怯えることなく過ごせる日が一日も早く訪れることを願っております。


  • 投稿日:2022年7月19日
  • カテゴリー:その他

三年ぶりに「蛍の夕べ」が開催されることになりました。
夕方より、各種イベントや屋台が出店され、暗くなってから御瀧の森へ蛍を放ちます。
関係者は、三回のワクチンが済んでいることを条件に、
消毒などコロナ対策を徹底して行います。
ご来場する方は、マスク着用の上いらしてください。
各種イベントは夕方4時30分からです。

本日6月1日より1ヶ月限定御朱印をご希望の方に書かせていただいています。


  • 投稿日:2022年6月1日
  • カテゴリー:その他


ウクライナ支援募金が三月で5万円集まりました。
全額、読売新聞「愛の事業団」へ送付いたしました。ありがとうございました。
引き続き、よろしくお願いします。


  • 投稿日:2022年4月6日
  • カテゴリー:その他

御瀧の桜が満開になりました。
御家族や御友人とお花見を兼ねて、境内へ訪れる方の声が、春風に揺れる絵馬の音と共に軽やかに聞こえます。
今年こそ、この穏やかな早春の一日の様な時の流れであってほしいものです。

新一年生♡満開の桜の前で記念写真の前撮りです📷


  • 投稿日:2022年3月30日
  • カテゴリー:その他

2022年の御朱印始めは1月2日です。

1月27日迄が、干支を印した正月特別御朱印になります。
1月28日は御不動様の初護摩ですので御不動様の日限定御朱印になります。


  • 投稿日:2021年12月14日
  • カテゴリー:その他

お正月護摩は例年通り行いますが、客室及び本堂へ入られる方の人数は、密を避けるため昨年同様制限させて頂きます。
正月護摩の日程は下記掲載の日程表を参照してください。1月は正月護摩日程表記載の他に、各日曜日午前11時から護摩を焚きます。混雑を避けられる様、日程を撰ぶなどのご配慮をお願い致します。
また、必ずマスクの着用をお願い致します。
皆様には御迷惑をおかけいたしますが、コロナ感染予防のため御協力のほどよろしくお願い致します。

< *令和3年にお受けしたお札やお守りをお返しなさる時は、授けていただいた所へ年内に御礼のお気持ちを添えてお返しなさるのが基本です。遠方である場合は郵送で納めて頂けるかどうかお尋ねになるのも一方法かと思います。 *お札・守護矢・破魔矢・熊手などは、正式なお渡しをしますので、歳神様がおりられてからのお渡しになります。 (年内のお渡しや郵送でのお渡しはございません) *当山にお休み日はありません。窓口は毎日午前9時~午後4時まで空いております。


  • 投稿日:2021年12月1日
  • カテゴリー:その他

七五三の御祈願が始まりました。
毎年三組様ずつ本堂へご案内して御祈願して頂いておりますが、コロナ下での配慮も有り、基本、二組様ご一緒の御祈願にさせていただいております。時間帯や予約状況によりましては一世帯様のみでの御祈願の時も有ります。

御祈願は15分間程要します。少し早めにいらして、控室である大広間の舞台で記念写真を撮られてはいかがでしょうか。


  • 投稿日:2021年10月13日
  • カテゴリー:その他

御瀧不動尊金蔵寺の七五三は完全予約制です。
予約開始は10月1日からです。
御祈願日は下記の日程で行います。

10月10・11・16・17・23各日
11月3・6・7・13・14・15各日

詳細は窓口にてご相談ください。


  • 投稿日:2021年9月29日
  • カテゴリー:その他

大師堂前に安置されておりました馬頭観音像を観音堂近くへ移動しました。
太平洋戦争で命を落とした馬たちの供養を思い昭和47年に紅谷進一氏が建立したものが、現在当寺に安置されています。美しく巧みな姿に悪戯も多く心を痛めておりましたが、今回、しっかりとした土台の上に安置させて頂くことが出来ました。
大変に美しいお姿です。人間の戦争の犠牲となった馬たちに思いをはせて下さい。


  • 投稿日:2021年8月11日
  • カテゴリー:その他
  • 「Facebookの御瀧不動尊に関する投稿」は、Facebookにて自動で記事が収集・作成されたページです。投稿に関するお問い合わせは受け付けておりません。